診療への考え方 スタッフ紹介 診療への考え方

動物たちの一生は短い。だからこそ、いかに有意義に生きてもらうかが大切だと思うのです。

Quality Of Life ~ この意義を動物たちのために!

例えば、歯槽膿漏の疾患を持つペットを年齢により(年老いているからを理由に)、治療を行わないのではなく、残された余生中に楽に食事をさせてあげるために治療を行うといった考え方にて動物たちに接してあげたいと思っております。自分のペットと過ごす日々に後悔を残さず、満足感を持っていただきたい。また、ペット達の耳・歯の診療も行っております。お口や耳のにおい・汚れが気になる飼い主さんは、ご相談下さい。

動物(ペット)の気持ちを早めに察してあげる愛情

ひまわり動物病院では、病気を治療するだけでなく、動物の飼い方や、病気の初症状などを飼主へ指導することにより、病気の早期発見、早期治療につなげていきたいと思っています。動物は人のように言葉がしゃべれない代わりに飼主へ言葉以外の方法で何か訴えているものです。それを早期に察してあげることが飼主や私たち動物病院の務めだと思います。 最近、ちょっと気になることがあればお気軽にご相談ください。

本当の信頼をいただくために~第三者の評価と病院力の向上へ~

ひまわり動物病院は自らの診療哲学をお伝えするだけでなく、第三者からの評価も大切にしています。「親切でハートのある、誰もが安心してかかることのできる動物病院」を標榜する『社団法人日本動物病院福祉協会(JAHA)』からの審査・認定をとっております。

社団法人日本動物病院福祉協会(JAHA)

また、高度な診療と対応力の向上にも具体的に取り組んでいます。葉月会CT診断センターの会員(株主)になることで、CT検査による精密検査と夜間救急治療を、ネオベッツVRセンターとの提携によりCTおよびMRI検査ができ脳外科・心臓外科などの高度医療に対応しています。

すべては大切な動物を守るために欠かせないことと考えています。

院長 山下裕康